[ヴィンテージ] セミアコの上位機種、ステレオ出力とヴァリトーンスイッチ搭載のES-355TD-SV!

f819bf76a4e0b1e010990dc3a38b77aeae0587.jpgGibson [ES-355TD-SV]のヴィンテージ品が入荷いたしました。
シリアルや仕様から、1966年に製造されたと判断される一本。

[ES-335TD]の上位機種として1958年に登場した[ES-355TD]ですが、翌年にそのバリエーションモデルとして登場したのが[ES-355TD-SV]です。

基本となる[ES-355TD]の仕様として、エボニー指板やマザーオブパールのポジションマーク、多層バインディングやヘッドのスプリットダイヤモンドインレイの採用と、ヴィブラートの標準装備という仕様が挙げられますが、[ES-335TD-SV]にはこれらに加えてさらにステレオアウトプットとヴァリトーンスイッチが搭載されている点が大きな特徴です。
ゴールドのハードウェアを採用しており、ES-335TDよりもさらに高級感ある仕上がりが魅力のモデルです。
なお、ステレオアウトプットを採用しているギターは専用のY字型ステレオケーブルを使用することでフロント/リアのサウンドを別々に出力することができますが、その反面、通常のモノラルケーブルでの出力時にはリアピックアップの音しか出力できないという特徴があります。
そこで弊社では1台のアンプから両方のピックアップの音を出力できるように特別なケーブルを作製し本器にお付けいたします。(5m、S-Lタイプ、BELDEN 9395使用)
これにより、若干の制約があるものの本体に改造を施すことなく両方のピックアップを1本のケーブルで出力できます。

ラミネートメイプルを用いたセミアコ構造のボディに1ピースのマホガニーネック、エボニー指板という仕様で、ネックグリップは60年代後半の特徴的なスリムネックを採用しており、テノンがフロントピックアップ下まで到達しております。
ゴージャスな雰囲気のロングヴァイブローラを搭載し、ブリッジもオリジナルのABRタイプでサドルはナイロン製です。
ペグはグローヴァーの半月型を採用。
本器はピックアップが後年に開発された[Tim Shaw PAF](通称:New PAF)に交換されており、フレットとナットも新しいものに交換されています。

ボディトップの右肘が当たる部分とボディバックのベルトバックルが当たる部分、さらにネックグリップの5フレット付近を中心に塗装の磨耗やダメージが見受けられるほか、全体的にウェザーチェックが発生しており、細かな打痕や擦り傷など経年を感じさせる一本です。
ハードウェアにもくすみや若干のサビが発生しております。
また、指板のバインディングが経年により縮んだようで、ナット部付近にわずかに継ぎ足しが見られます。
使用感はある個体ですが、現状で致命的な外傷や故障は見受けられず、楽器としては良好な状態を保つ一本です。

ネックは現在まっすぐな状態を維持しており、トラスロッドにもまだ締め付ける余裕があり効き目もございます。
フレットは交換後間もないためまだまだ新品に近い状態で、部分的な凹みもなく光沢があります。
特にビビリや音詰まりも感じられず、演奏におけるコンディションも良好な個体です。

ピックアップが交換されているとはいえ、ピックアップも1980年ごろに製造されたと思われるもので、本体の経年もあり乾いた深みある心地よい鳴りを生み出します。
ヴァリトーンスイッチにより段階的に帯域をカットするような多彩なサウンドメイクが可能で、あらゆるシチュエーションで活躍できる器用なギターです。

非常に雰囲気のある佇まいのギターで、高級機種の風格を帯びております。
汎用品と思われるハードケースと、上述の特製ケーブルが付属いたします。
なお、特製ケーブルからの出力時には配線の都合上、センターポジションでなくても選んでいない方のボリュームを0にすると選んでいる方のボリューム操作に関係なく音が出なくなりますのであらかじめご了承ください。

ピックアップが後年物に交換されているため、比較的手に入れやすい価格となっております。

楽器としては良い状態の一本なので、気になる方はこの機会をお見逃しなく。

 

税抜き価格¥750,000

カテゴリー

月別アーカイブ

デジマート
音楽教室キューズランド
オンライン査定

営業案内

営業時間 10:00〜20:00
住所 浜松市中区鍛冶町15
ザザシティ西館1F
TEL 053-452-5152
zaza@questmusic.co.jp
アクセス案内図 ザザシティ浜松オフィシャルWebサイト