[中古]Tokai Talbo A-100S [1983年製]発売初年度!初期のアルミ2ピース鋳造ボディ!

8702f5bd3a82d93f58fa3c3c5c9ebb45860c84.jpgTokai [Talbo A-100S]の中古/ヴィンテージ品が入荷いたしました。
東海楽器製造の高い技術力と先進性を活かし、アルミ鋳造ボディのギターとして1983年に発売したTalboシリーズ。

GLAYのHISASHI氏らが愛用したことで特に90年代後半からは高い人気を得ていますが、1983年の発売当初は思うような人気は得られずわずか数年で生産が一旦中止されています。
本器はその発売年である1983年に製造された、初年度の一本。
当時のラインナップ(3グレード+3シングルor2ハム)のうち、ミドルグレード(当時定価10万円)にあたるもので3シングルタイプの個体です。

現代のTalboはアルミ1ピースの鋳造によるボディが特徴ですが、このころのTalboはボディ表側と裏側の2ピースに分かれて鋳造され、それぞれを溶接して一つのボディにされています。
ボディ内部には空洞があるため、空洞部にはハウリング等を防止するための発砲ウレタンが注入されており、ピックガードを外すとそのウレタン注入口が確認できます。
本器はメイプル1ピースネックの仕様で、ネックジョイント部も特殊なハの字形状を採用し、2点のボルトでジョイントされている点も初期Talboの特徴です。
バックのプレートはアルミプレートに塗装を施したもので、2点の爪と1点のボルトで止める個性的な仕様です。
オリジナルのシングルコイル[P2-71B]というピックアップを3基搭載しており、ピックガードを開けるとパネル内にもう一つ丸い共振コイルがあり、すべてのピックアップがそのコイルを経由してからスイッチに配線されています。(高域の音質補正用とされています)
当時のカタログ上では5WAYのピックアップセレクターという仕様ですが、本器は3WAY仕様になっております。
また、リアピックアップにはトーンが効かないように配線されております。

ボディカッタウェイ 部分の先端に一箇所、打ち傷による塗装欠けがございます。
また、指板の角に一点打痕があります。
そのほかは83年製ということもあり細かな擦り傷などが見受けられますが目立つ外傷は上記2点です。(画像でご確認ください)

ネックは現在まっすぐな状態を保っており、トラスロッドにはまだまだ締め付ける余裕があり効き目もございます。
フレットは全体的に残り約6-7割程度の高さで、部分的な凹みはなく光沢があります。
特にビビリや音詰まりも感じられず、演奏におけるコンディションも良好な個体です。

アルミボディならではの金属的な響きを帯びているものの、全体的には雑味がなくクセのない印象のサウンドで、ストレートに出力され心地よいサスティーンが得られます。
雑味がなく、さらにノイズがとても少ないことで、特に空間系のエフェクターとの相性が良くエフェクターを多用される方にもおすすめです。

ケースは汎用のソフトケースをお付けいたします。
トレモロアームが付属いたします。

現在ではレアな初期のTalboです。
状態もまだ良好な一本で、重量も金属ボディとしては良心的な3.68kgなので扱いやすく感じられます。
気になる方はこの機会をお見逃しなく。

税込み販売価格 ¥64,800

カテゴリー

月別アーカイブ

デジマート
音楽教室キューズランド
オンライン査定

営業案内

営業時間 10:00〜20:00
住所 浜松市中区鍛冶町15
ザザシティ西館1F
TEL 053-452-5152
zaza@questmusic.co.jp
アクセス案内図 ザザシティ浜松オフィシャルWebサイト