[中古] K.Yairi YW-500P1975年製、美しい3ピースバックのギターが入荷!

c448cce346f15533731060685b829b5c3593cb.jpgK.Yairi [YW-500P]の中古品が入荷いたしました。
1975年製の個体です。

姉妹品番の[YW-500R]が2ピースバックとヘリングボーンの装飾であるのに対し、本器は3ピースバックとパール系の装飾が施されています。
ボディトップはスプルース単板、サイドとバックはローズウッドという組み合わせで、ネックはマホガニー、指板はローズウッド、ブリッジはエボニーです。(指板はエボニーの可能性もありますが、木目からはローズウッドの可能性の方が高いと判断しております。)
現代のYairiギターよりも太くガッチリとしたネックグリップが特徴ですが、指板エッジとフレットサイドの処理はしっかりとしているため握り込みやすく弾きやすいギターです。

ネックヒールの底面にストラップピンが打ち込まれております。
また、その付近のボディバック側の塗装にはほんの少し白濁化が見受けられます。
ボディには小さな打ち傷や擦り傷がいくつか見受けられますが、目立って大きなものはなく年式からすると良好な状態を保った個体です。
ローフレット部分の指板面には若干のすり減りが見受けられますが、フレットそのものにはすり合わせが行われております。
ネックは現在まっすぐな状態で、トラスロッドにもまだ締め付ける余裕があり効き目もございます。
フレットは全体的に残り約7割程度で、部分的な凹みもなく光沢があります。
レギュラーチューニング時の12フレット上の弦高は、6弦約2.7mm,1弦約1.7mmと標準的で弾きやすい高さを保っております。
サドル高にもまだ若干の余裕があるため、まだ弦高調整も可能です。
特にビビリや音詰まりも感じられず、演奏におけるコンディションも良好な一本。

ヤイリギターならではの木のナチュラルな響きはそのままに、経年による乾いた鳴りが得られ、抜けが良く心地よいサウンドに仕上がっております。
芯のある音色なので、弾き語りやアルペジオなどジャンルを問わず活躍できるでしょう。

純正ではありませんが、ハードケースが付属いたします。
職人気質な作りが魅力のメイドインジャパンの一本。

現在では珍しいモデルと言えますので、気になる方はこの機会をお見逃しなく。

カテゴリー

最近の入荷記事

月別アーカイブ

デジマート
音楽教室キューズランド
オンライン査定

営業案内

営業時間 10:00〜20:00
住所 浜松市中区鍛冶町15
ザザシティ西館1F
TEL 053-452-5152
zaza@questmusic.co.jp
アクセス案内図 ザザシティ浜松オフィシャルWebサイト