アコースティック 新入荷情報

DS02727798.jpgD-45は高価で手が出ないという声に応えるため、1968年に開発されたD-41。
D-28とD-45の中間モデルとして、"D-45"のゴージャス感を有しており、多くの人に親しまれています。

DS02651786_1.jpg山本です!

 

現在のヤマハアコースティックギターの中核を担っている[Lシリーズ]ですが、その歴史は深く、実に40年もの年月ミュージシャンたちに愛され続けています。

その歴史の中では様々なデザインのギターが登場してきましたが、今回ご紹介するのは初期Lシリーズの中でもひときわ特異な外見/仕様を持つモデルです。

D1_DSC_4389.jpgMartinを代表する銘器 D-28。
1931年にサイド&バック=マホガニーボディのD-18とともにローズウッドボディのD-28として、
その歴史をスタートしました。
以来、数多くのアーティストやギターファンから支持されております。

本器は Standard D-28 仕様の1本であり、製造年は2013年でございます。
ピックガードに光に当てて確認できる程度の弾き傷がある他は、ボディにキズ・打痕は無く美品と言えます。

D1_DSC_4418.jpg

こんにちは!跡辺です。
アコースティックフロアにMartinのUSEDが入荷いたしました!
早速ご紹介致します!

Martinを代表するドレッドノートの王様 D-45 。
本器は Standard D-45 2005年製であり、トップにはシトカ・スプルース、サイド・バックはインディアンローズウッド、エボニーの指板&ブリッジ、トートイズ・ピックガード、アバロン・ヘキサゴンのポジションという豪華な仕様になっております。

DS02578901_1.jpg山本です!

今日はアコースティックギターの紹介です。

Fender Acousticの、「ESD-10E」というモデル。

フェンダーのメキシコ、エンセナダ工場にて製造される「エンセナダシリーズ」というシリーズの一本です。

 

国産ウクレレ オールコア単板が入荷!KONA Ukulele

quest_m_DSCN0663.jpg国産でオールコア単板仕様のKONA Ukulele。

本器は、2000年代製造のものと思われ、当時、カクタコーポレーションによって販売されていたモデルです。
姉妹機としてピックアップを搭載したものもございますが、本器はノンピックアップの仕様でございます。


【新入荷】最も使いやすいルーパー発売!BOSS RC-1

quest_m_DSC_2963.jpg世界中で一大ムーブメントとなっている、ルーパーを駆使したパフォーマンス。しかし、正直なところ取っ付きにくい物が多いんですよね...。もちろん、ポイントを抑えれば基本操作はシンプルなのですが。なんとなくマルチエフェクターと似ていて、深い階層まで操作したくなると迷宮に入り込むような感があります。

そんな中、数あるルーパーの中で先駆者であるBOSSから新製品が発売されました。

quest_m_P1080328.jpg山本です。

人の指は多くの場合片手で5本であるのに対し、ギターの弦は6本。

「手に余る」とはまさにこのことですよね。(他の多くの楽器に対して言えることですが・・・。)

さて、今日ご紹介するのは4本の弦で演奏する楽器[一五一会]です。

 

【中古】YAMAHA エレアコの隠れた銘器 LLX-16 入荷!

DS02550892_1.jpgこんにちは跡辺です!
きれいな中古の YAMAHA LLX-16 が入荷いたしました。 

トップにはイングルマンスプルース単板、サイド&バックはローズウッド単板、さらにはエボニー指板/ブリッジという仕様を用いて、LL-16をベースに高品位なPickupを搭載したのが、このLLX-16です。

トップにはイングルマンスプルース単板、サイド&バックはローズウッド単板、さらにはエボニー指板/ブリッジという仕様を用いて、LL-16をベースに高品位なPickupを搭載したのが、このLLX-16です。
PUシステムにSystem60 3way A.R.T.を採用。
主に中音域を拾うMAINピックアップのレベルをTREBLE, BASSのサブピックアップと切り離し、独立してコントロールできます。木の鳴りを妨げないよう、側板に大きく穴を開ける従来型のプリアンプパネルを廃し、コントロールノブを直接側板にマウント。バッテリーケースもボディ底部に移動し、側板への穴あけを最小限にとどめています。コントロールノブはボディ内に格納でき、演奏の妨げにならないようにと実践使用での配慮されています。
貼付けタイプのピエゾPUが取り付けられているため、ボディトップの振動を自然なサウンドで収音します。
このPU構造により、ボディショットも効率よく拾うため、フィンガーピッキングを多用されるプレイヤーから高く支持を受けたモデルでした。
LLならではの太さのある、余韻の長い、バランスのとれたサウンドがお楽しみ頂けます。
ボディ、ネックなどの外装に目立ったキズはなく、新品に近い、きれいな状態です。
しかしながら、ペグボタンに凸のメッキ変化がございます。あらかじめご了承下さい。
現在ネックは真っ直ぐな状態を維持しており、トラスロッドにも締め付ける余裕があり効き目もございます。フレットには部分的な凹みはなく光沢がございます。
レギュラーチューニング時の12フレット上の弦高は、6弦約2.5mm,1弦約1.7mm程度で標準的で弾きやすい高さです。
ブリッジ上に出ているサドルの高さは、全体的に3mm以上残っており、今後の弦高調整にも余裕がございます。
ストライミングからフィンガーピッキングまで、幅広くオススメできる一本

quest_m_P1080226.jpg山本です!

プロ・アマ問わず、特に歌もののギターボーカルの方に愛用者が多いギブソンのラウンドショルダータイプ。

Martinなどのドレッドノートシェイプと比べてボディの[肩]の部分がなだらかな形状をしていることからそう呼ばれています。

ラウンドショルダーの代表的なモデルは、J-45(桜井和寿氏や秦基博氏らが愛用)、Southern Jumbo(山崎まさよし氏や浜田省吾氏らが愛用)、J-50(スキマスイッチ大橋卓弥氏などが愛用)。

どのモデルもすでに何十年も前に発表されたモデルですが、いまだに高い人気を有しており新品でもヴィンテージでも数多く取引されています。

今日は、1969年製と思われるJ-50モデルをご紹介。

前の10件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

月別アーカイブ

デジマート
音楽教室キューズランド
オンライン査定

営業案内

営業時間 10:00〜20:00
住所 浜松市中区鍛冶町100-1
ザザシティ中央館306
TEL 053-452-5152
zaza@questmusic.co.jp
アクセス案内図 ザザシティ浜松オフィシャルWebサイト